事業案内

消防用設備とは、消防の用に供する設備・消防用水及び消火活動上必要な施設の事をいいます。
これら消防用設備は、その名の通り災害などの緊急時に、人命を救う大切な役割を担い、消防法において厳しく維持管理が求められています。

消防用設備保守点検

消防法により、消防用設備等を設置することが義務づけられている建物の関係者は、設置した消防用設備等を定期的に点検し、
その結果を消防長又は消防署長に報告する義務があります。
定期点検は年に2回、消防署への報告は建物の用途別に1年もしくは3年に一度です。
消防用設備は、火災発生時にきちんと作動して初めてその役割を果たすことになります。
そのためにも定期的に点検を行い、常に最良の状態を保つことが必要不可欠です。
  • 消防用設備保守点検

消防設備修繕・新規設置工事

消防設備修繕・新規設置工事

不良個所があった場合は、すみやかに改修や整備を行わなければなりません。
当社では、以下のような場合に修繕・改修工事を行います。
 
 ・定期点検の結果、消防設備に不具合や不良個所が見つかった場合。
 ・法改正・用途変更等による消防設備の設置義務が生じた場合。
 ・室内の間仕切り変更等の内装工事をした結果、消防設備の設置もしくは移動を要する場合。
 ・既存の消防設備が型式失効などにより、新しい機器への交換が必要となった場合。
 ・所轄消防署からの指導により、改修の必要が生じた場合。

消防訓練

消防訓練

一定以上の人員を収容する建物や事務所・店舗などでは、消防訓練が義務づけられています。
いざという時、パニックを起こさず安全かつ確実に避難できるよう日頃から備えておきましょう。
消防訓練は、消火訓練・避難訓練・通報訓練の3つに分かれ、建物の規模や用途、
収容人数などに応じて行います。
 
 ・消防訓練・・消火器や屋内消火栓を利用した初期消火の訓練。
 ・避難訓練・・建物内に発災を知らせ、避難・誘導及び避難器具の訓練。
 ・通報訓練・・発災の確認後、建物内に周知し、消防機関に通報する訓練。
 
当社では、消防訓練の計画から実施、改善指導までお手伝いをいたします。

防火対象物点検

一定の防火対象物の管理について権原を有する者は、防火対象物点検資格者に防火管理上、
必要な業務等について点検させ、その結果を消防長又は消防署長に報告することが、
義務づけられています。 
点検資格者は、以下の項目を点検します。
 
 ・防火管理者を選任しているか。
 ・消火・通報・避難訓練を実施しているか。
 ・避難階段に避難の障害となる物が置かれていないか。 
 ・防火戸の閉鎖に障害となる物が置かれていないか。 
 ・カーテン等の防炎対象物品に防炎性能を有する旨の表示が付けられているか。 
 ・消防法令の基準による消防用設備等が設置されているか。 
 
当社では、有資格者が責任を持って点検いたします。
▲ページのトップへ