消防用設備とは

消防設備は、安全で確かなものを設置しなければなりません。
当社では消火器や自動火災報知設備、消防用のホースなどの消防用品、その他用途に応じた消防関連商品等、各種取り扱っています。

消火器

消火器

火災発生の際、初期消火は大変重要となります。そのための代表的な消火設備が消火器です。
当社では、ヤマトプロテックを始め、各メーカーの消火器を取り扱っております。

なお当社では、古くなった消火器の引き取り業務も行っています。
消火器は一般のゴミとして処分はできず、必ず専門の業者に引き取ってもらう必要がありますのでご注意ください。
特に容器にサビや凹みがあるものは危険です。絶対に使用せずにご相談ください。

警報設備

自動火災報知設備
避難と初期消火活動を促す消防設備です。
天井に設置された感知器が、熱や煙を感知して受信機に信号を送り、受信機はその火災場所を表示し、全館又は出火場所付近にて警報を発します。
また、人が発信機を押すことにより、全館に火災を知らせることもできます。
当社では、感知器1つの施工から、自動火災報知設備の設置工事を承っています。
さらに、使用用途や延べ面積の変更、間仕切りの追加などにより、自動火災報知設備の設置義務が生じる場合があります。
また、古い建築物であると、設置義務があるにも関わらず、自動火災報知設備が未設置の場合もあります。
遡及設置義務があるかどうかは、建物の用途等によりますが、一度確認しておくことをお勧めします。
 
非常警報設備
火災等を知らせるために、押し釦などを押すことにより、全館に警報を発します。
マイクを使って音声を流せるものもあります。
  • 警報設備
火災通報装置

火災通報装置
自動火災報知設備等の火災発報信号により、自動的に消防機関へ通報する設備です。
電話回線を使用して消防機関を呼び出し、蓄積音声情報により通報するとともに、
通話を行うことができる装置です。通報後、消防機関からの呼び返しにより、
直接担当官と会話が行えます。
火災通報装置は、1ボタンの操作で、あらかじめ録音したメッセージにより通報施設の
住所や名前が伝えられ、自動火災報知設備と連動すれば自動通報も可能となります。
病院・老人ホーム等では設置が義務付けられています。

避難設備

避難器具

避難器具
消防法により、建物は2方向避難ができるような構造であることが求められます。
共同住宅などでは、2方向避難を確保する為、ベランダに避難ハッチを設置する例が多いです。
点検時には、錆などによる老朽化・障害物の有無等の確認をします。
誘導灯

誘導灯
人が集まる場所で、火災や事故などが発生した場合でも、速やかにかつ安全に避難を行うために設置が、
義務付けられている設備です。
非常口や避難通路を示すための表示板で、常時点灯しています。
停電時には内蔵充電池などによって、一定時間点灯します。
確実に点灯するかどうか定期的な点検を行い、不良箇所は速やかに修繕等を行う事が要求されます。

消火栓設備

消火栓設備

屋内消火栓設備は初期消火活動を促す消防設備で、屋内に設置され、延ばしたホースから
放水して火災を消火する設備です。
1号消火栓は、従来から使用されている消火栓ですが、ホースを全部引き出さないと
放水することができないため、通常二人以上で操作をします。
易操作性1号消火栓は、1号消火栓の操作性などを向上させたもので、1人でも操作できる
構造となっています。
2号消火栓は、1人でも操作できる構造であるとともに、放水量を1号消火栓より少なくし、
より扱いやすくしたものです。
 
屋外消火栓設備は建物の周囲に設置され、建築物の1階及び2階部分の火災の
消火を目的としたもので、中期以降の火災及び外部より放水することにより、隣接建物への 
延焼防止上有効な設備です。
 
無駄のないスムーズな操作を行う為、日頃からの訓練が必要です。
当社では、取り扱い方法・使用後の復元作業など、ご要望があればご指導いたします。
▲ページのトップへ